介護に行き詰まりを感じたときのために大切な心得

環境を変えてみましょう

介護はいつ終わるともわからない抜け道の見えないトンネルのようなもの、と例えられることがあります。どれだけ愛情を注いでも、どれだけお世話になった人でも、介護を続けていると、ストレスで限界を感じることも少なくありません。自分で気づかないうちにストレスがたまり、心身に不調をきたすなど、介護者の置かれている立場は実際に経験してみないとわかりませんね。ただ、介護は一人だけがしょい込むことではありません。その真実が介護を続けていくうえでとても大切なことなのです。

少しずつ出来るところから手放しましょう

手放す、といっても、介護を受ける人を放置することではありません。気持ちの状態を少しずつ開放してあげるのです。介護をしている人にとって、一番大切なのは自分のための時間です。例えば親を介護している人は、自分のほかに兄弟姉妹がいれば、介護を共有し、負担を担いあうようにすることが大切です。誰にとっても大事な人なら、基本的なことですね。連絡を入れて、現状、困っていること、自分の気持ちを伝えましょう。賛同が得られなくてもいいのです。現状をまずは責任のある人に知ってもらうことが大切です。

介護サービスを積極的に利用しましょう

責任のある人たちでひとしきり介護の問題が解決すればいいのですが、現状で難しい場合もあります。その時は、積極的に介護サービスを利用しましょう。専門職のプロとしてのスタッフがいますので、ケアマネージャーに相談してより良いサービスを探りましょう。この時大切なのは、誰に対しても罪悪感を持たないことです。他人や親戚の意見には介護者の気持ちを無視したものも少なくありません。大切なのは介護者の心身の状態を健康に保つことです。介護される方に質の良いサービスを受けさせるためにも、積極的に利用しましょう。

高齢化社会により、介護の仕事は需要が高いものです。現在、介護の派遣の仕事を探している方は、派遣登録サイトを見つけて登録がいいです。