医師も勤務医か開業医かによって、求められる資質や能力はかなり違ってくるもの

医師の仕事も勤務医と開業医とに大きく分けられる

医師の仕事というのは、大きく分ければ自分の医院を経営する開業医か、病院勤務の勤務医かということになるでしょう。勤務医である場合には、勤務するのが大病院であるか個人開業の医院であるのかによって、勤務体制というものはずいぶんと違ってきます。大病院である場合には、勤務内容というものがきっちりと決められていますが、個人開業の医院である場合には、一応の勤務体制はあるものの、かなり柔軟な対応が求められる勤務実態になっている、というのが実情でしょう。

勤務医向きか開業医向きかは性格と資質によるもの

勤務医である場合と開業医である場合との最大の違いは、勤務医であればあくまでも医師としての仕事をしていればいいのに対して、開業医である場合には、医師であると同時に自分の医院の経営者でもあるわけですから、医師としての能力や技量に加えて、事業の経営者としての能力や手腕も求められることになるわけです。この点で、勤務医向きである人か開業医向きである人かということが、その人の性格や資質によって分けられてくるもの、と言えるでしょう。

開業医を目指すなら医療のみでなく経営者の手腕も必要

もちろん、医師免許を取得したら、すぐに開業医として自分の医院を開くといったことはできませんから、当初はそれなりの規模の病院に勤務医として勤めることになるわけです。とはいえ開業医を目指す人は、勤務医として勤めながらも、医師としての能力や技量のみではなく、医院の経営者として必要とされる知識やノウハウも身に付けねばならないわけです。このために、病院勤務の傍ら経営学を勉強したり、開業医に必要なノウハウなどの講習会に通ったりして、医院を開業するために必要なものを得ようと努めることになるのです。

医師のバイトは、短時間の勤務体系が設定されており、育児や介護などをしながら働けることがメリットです。