保育士さんの毎日の仕事を公開!子供たちが寝ている間も頑張ってます!

やっぱりスタートは掃除から

保育士は出勤するとすぐに掃除を始めます。子供たちが来る前に保育所(保育園)を綺麗にしておきます。その際に設備や遊具の故障がないかチェックします。子供たちに怪我をさせるわけにはいかないため、非常に重要な仕事です。その後、子供たちが登園してくるので笑顔で迎えます。元気良く迎えるのは勿論ですが、この間に子供たちの調子や体調をチェックしておくのです。そして、もし体調の悪そうな子がいたらすぐに報告しておきます。これで1日が始まります。

楽しい自由遊びの時間

子供たちが揃うと朝の会を行い、その後は体操をしてから自由遊びの時間となります。もちろん、保育士自身も楽しんで子供たちと遊ぶのですが、全員が安全に遊べているか、一人ぼっちの子はいないかなどのチェックは欠かせません。時期によっては近くの公園に出かけることもあります。その後はお昼ご飯です。子供たちに手洗いとうがいをさせてから食事の時間となります。ここでも子供たちと保育士の両方が楽しく過ごすことが大切です。

お昼寝の時間の仕事は?

お昼ご飯が終わったら歯磨きをして、お昼寝の時間となります。保育士は子供たちを寝かしつけた後、連絡帳の書き込みと片付けを行っていきます。基本的に書類関係のことはこの時間に行います。子供たちが起きたらおやつの時間です。おやつをみんなで仲良く食べたら再び自由遊びの時間となります。そうしていると保護者さんたちが子供たちを迎えにきます。保育士は1日の様子などを保護者さんの伝えていきます。そうして子供たちは少しずつ降園していきます

保育士の求人には、子供の送迎や昼寝の管理やブランコやすべり台で怪我しないように管理することのような業務があります。