保育士のお仕事はどこが良いの?得られる3つのやりがい

子供たちの笑顔は最大のエネルギー源

「保育士になりたい」と思う方のほとんどが子供好きなのではないでしょうか。やはり、保育士をする中で一番に感じられるやりがいは「子供たちの笑顔」が見られた時です。可愛い子供たちを、自身の手で笑顔にさせることができた瞬間、「保育士をやっていて良かった」と心から思うことができます。中でも悲しんでいる子を笑顔に出来た時の喜びは計り知れません。子供たちは保育士として勤めていく上で、最大のエネルギー源となる存在なのです。

子供たちの成長をサポートする重要な役目

園児は1日の半分以上を保育園で過ごします。中には数時間ほどでお迎えが来る子もいますが、ほとんどの子供は家にいる時間よりも圧倒的に長い時間を保育園で過ごすでしょう。そのため、子供たちの成長は保育士に委ねられていると言っても過言ではないでしょう。立派な子に成長できるよう、サポートを努めるのは保育士の重要な役目です。子供たちとどのように接するか、どんな怒り方をするのか、どんな褒め方をするのか。そんな子供たちの成長をサポートできたと実感した時には、何とも言えないやりがいが感じられるでしょう。

間違った子供を正すことは保育士ならではの仕事

保育士は笑顔を絶やさないことが大切ですが、時には叱る場面もあります。子供たちは良いことと悪いことの区別があまりついていませんから、悪いことをした際は叱って正してあげなければなりません。大好きな可愛い子供を怒るのはどうしても胸が痛むことですが、それは立派な人間に成長するために必要なことです。子供たちのことを本気で思い、叱って、素直に受け止めてくれた時、子供たちがまた一つ成長したと実感するでしょう。怒ることで子供たちを正してあげるのも、保育士としてのやりがいなのです。

保育士の求人なら東京に多くありますが、その理由としては、東京は人口が多く、子供も多い事を挙げる事が出来ます。