介護福祉施設で働く方が知っていると良い、ちょっとしたアドバイスやポイント!

介護の仕事をする時には感染症予防の知識は大切

介護サービスを利用する高齢者は色々な人が要るだけでなく、色々な病気等の症状を持っている方も多いです。また、B型肝炎やC型肝炎を持っている方もいれば、水虫などを持っている方もいます。なので高齢者の介護や介助をする介護士は、自身の身を守るためにもそれらの感染症の知識は一度しっかり勉強してかためて置くと良いでしょう。感染症に対する正しい知識を持っていないと、感染してしまう可能性も出てきますので、長く介護現場で働くなら必須の知識です。

基本的なパソコンの使い方なども重要

また、現在はパソコンで日々の高齢者の状態を記録しているところが多いので、基本的なパソコンの操作方法なども知っておくと良いです。ひと通り業務が終わった後には、どのような介護を行ったか記録をしている特別養護老人ホームもありますし、高齢者の様子などを打ち込む作業がそこで出てきたりします。その時にタイピング等のスキルがあれば、普通の人よりも速く業務を終わらせることが出来ますし、操作方法で困って躓くことも少なくなります。

生活する上で必要な家事の知識もあると良い

そして、男性介護士の方が特に身につけて置くと良いのが生活をする上で必要な家事の知識です。男性の方は家事を普段あまりしないということもあって、家事が苦手な方も多いですが、介護の現場では洗濯をしたりベッドのシーツを取り替えたり掃除をすると言った家事が業務の中に入ってきます。例えば洗濯をするときに、洗濯の知識がないと洗濯機に入れてはいけない洋服を入れてしまって、入居者の洋服が縮んでしまったりといったアクシデントも出てきます。なので、家事が苦手な方やその知識がない方は一度勉強をするのもオススメです。

今や高齢化社会。かなりの数の介護の求人があります。高齢者に対して若者の数が圧倒的に少ない中、まさに介護は必要とされる職業の頂点にいると行っても過言ではありません。